メンテナンスしやすい短いきれいなコード

phpはオブジェクト指向を知らなくてもコードを書けるため、静的なホームページのデザインしかしたことのないデザイナーでも比較的簡単に覚えることができます。phpは、インタプリタ型の言語なので書いたプログラムをすぐに動かすことが出来て便利です。phpは気軽にアプリケーションを作ることができるメリットがあるのですが、プログラマーが大規模なシステムを作る時に苦労する原因になるのが、コードが長くなってしまうことです。

コードが長くなると、システムに深刻なバグがあった時にどこが間違っているか調べるのに大変苦労してしまいます。特に自分が作ったものではない長いコードの中からエラーの原因を見つけることは至難の技です。また、自分が作ったものでも古いと、コードを見た時にどこに何がかかれているか分かりにくいこともありがちです。自分でエラーをどうしても見つけることができない場合は、システム開発会社にエラーチェックを依頼するといいです。その時に、長いコードで作られているシステムのチェックを依頼すると、専門の業者でも多くの時間がかかってしまいます。

またよくありがちなのが、変数を大量に作ってプログラミングをしてしまうことです。変数の種類が多いとどの変数が何の目的で使われているか分からなくなってしまうので注意が必要です。コードを後で見た時にメンテナンスがしやすいようにできるだけきれいに短く書くことを心がける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です